自分の髪が生えてくる「植毛」とは?体験者が教えるの植毛の基礎知識

【薄毛対策】自分の髪が生える「植毛」の基礎知識 植毛についてのイロハ

初めまして、薄毛サポーターの闘う毛根ことハエルです。
簡単に自己紹介をすると20代から薄毛に悩み15年以上様々な対策を行い植毛に行き着きました。
そして2019年に3,000グラフト(株)の自毛植毛を行い現在経過をTwitter(@2323online)で配信中です。

され、この記事にたどり着いたということは薄毛に悩んでいる、薄毛が気になっている方と思います。

では「薄毛対策」と聞いて何を思い浮かべますか?

  • 頭皮マッサージ
  • スカルプシャンプー
  • 育毛レーザー
  • サプリ
  • 発毛剤
  • 薄毛サロン
  • サウナ、足湯等の血行促進法

思い浮かべたものにいくつ当てはまりましたか?
実はこれ私が行った薄毛対策のリストです。

私は20代後半から薄毛に気づき色々な対策を15年以上行いました。
お金と時間を投資して満足な結果を得られたかと言われると、答えは「NO」です。

髪が増えるどころか薄毛は進行し、生え際から頭頂部までがひと目でわかるぐらいハゲてしまいました。

ここまで来たら諦めるしかないかと思っていた時に知ったのが植毛でした。
タイムマシーンがあるなら過去の自分に教えてあげたいという思いがあります。
ここではそんな植毛について詳しく解説していきます。

薄毛治療の植毛とは

カラダへの負担や傷、費用などハードルが高い手段ですが、「薄毛を治せる」方法

男性、女性どちらも受けることができる

医療資格のある美容外科クリニックや植毛を専門に扱った医療機関で受けることができます。

植毛の方法は大きく分けて2つ

植毛には大きく分けて自毛植毛と人工植毛の2種類があります。

  • 自毛を使った自毛植毛
  • 人工毛を使った人工植毛

それぞれの特徴がありますが最初にカウンセリングで自分がどうなりたいか、予算はどれくらいかなど担当者の方とじっくり話をします。

話がまとまってから手術が始まります。

メンテナンス不要!自毛を使った自毛植毛

自毛植毛の最大の特徴は「薄毛を治せる」ことです。
生えている自分の髪を薄毛に移植させるので一度定着すれば生え続け、特別なメンテナンスも必要ありません。

  • 基本的な自毛植毛の手術内容
    AGA(男性型脱毛症)の影響を受けにくい後頭部や側頭部から状態の良い髪の毛を毛根ごと採取します。
    この採取した毛根をグラフト(株)と言い、状態が良い髪とは1つのグラフトから2~4本生えている状態のものです。
    これを目視で確認しながら採取していき、気になる部分に移植していきます。
    手術方法はいくつか種類がありそれぞれ特徴が異なります。
    この手術方法に関しては別の記事でご紹介します。

    移植された毛髪は1週間後ぐらいから徐々に抜け始め、2~4ヶ月でピークをむかえます。
    そして4~6ヶ月ごろから再び髪が生え出してきます。
  • メリット
    • 自分の髪なので仕上がりが自然
    • 植毛された自毛は抜け落ちてもまた生えてくる
    • メンテナンスは不要
    • 男性、女性どちらも受けられる
  • デメリット
    • グラフトを採取する際にドナー部分の髪を刈り上げる必要がある
    • 身体の負担を減らすため一度に大量の植毛ができない
    • 後頭部や即頭部は手術方法で傷が残ってしまう
    • 移植するほどの髪の毛がないとできない場合がある
    • ショックロス(既存毛の一時的な抜け毛の増加)の可能性

好きな本数で増毛!人工毛を使った人工植毛

  • 基本的な人工植毛の手術内容
    人体に馴染みやすいポリエステルやナイロンなど合成繊維でつくった毛を頭皮に移植します。
    抜けやすい人工毛を抜けないようにするために、既存の毛根よりも更に深い部分で固定していきます。
  • メリット
    • 自毛植毛に比べて手術時間が短く安価
    • 希望通りの増毛ができる
    • すぐにボリュームアップを実感できる
  • デメリット
    • 抜けやすい
    • 定期的なメンテナンス費用がかかる
    • 拒絶反応や皮膚トラブルの危険性がある
    • トラブル時は人工毛を全て取り除く必要がでてくる場合がある

「自毛植毛」と「人工植毛」どっちがいいの?

自毛植毛をオススメします。

人工植毛は体に異物を埋めていくためトラブルが多く、植毛先進国のアメリカでは現在法律で人工毛植毛が禁止されています。

また、定期的にメンテナンス費用がかかるということもあり、安全面、長い目で見た時の費用的にも自毛植毛が良いでしょう。

自毛植毛での注意点

オススメしている自毛植毛ですが気をつけたい点がこちらになります。

  • 頭髪全体の総量が増えるわけではない
    あくまで既存の髪の移植ですので頭髪の総数が増えるものではありません。
  • グラフト採取した場所からは髪が生えない
    毛根ごと採取するので採取した箇所からは髪が生えてきません。
  • 既存のAGAの進行を防ぐものではない
    薄毛が進行している髪の成長させる技術ではありません。
  • 結果がでるのに時間がかかる
    手術後は採取した髪は全てではありませんがが定着たあとに一度抜けます。
    その後3ヶ月~半年ほどの間で定着した毛根から新しい髪が生え出します。

まとめ

植毛に関していかがだったでしょうか?
現在どこのクリニックでも安全生の面から自毛植毛での案内をしています。
自毛植毛の手術方法は日々進化を続け、今ではドナー部分の傷もほとんど目立たないようになってきています。

薄毛はデリケートな悩みなのでひとりで抱え込み込んでしまいがちです。
そうするとストレスが増し、さらなる薄毛の悪化が加速する負のスパイラルにハマってしまいます。
色々と薄毛改善を試してみたけど満足した結果が得られなかった方には自毛植毛は結果がでる薄毛対策です。

自毛植毛に興味はあるけど不安も多いという方もいるでしょう。
ただ悩みをひとりで抱え込まずに無料カウンセリングで相談されるところから始めて見てはいかがでしょうか。

アイランドタワークリニック

タイトルとURLをコピーしました